唐山市の交通・物流の面についてご紹介いたします。
中華人民共和国 唐山市人民政府 日本事務所日本事務所 電話番号:06-6344-3225 Fax番号:06-6344-3224
唐山市の投資環境
トップページへご挨拶のページへトピックスのページへ日本事務所の概要ページへよくあるご質問のページへ

HOME唐山市の投資環境便利な交通・物流

唐山市の便利な交通・物流

唐山市は国際港や国際国内空港、高速道路、新幹線鉄道、在来幹線鉄道などの交通面が発達しているため、人の往来・輸出入や国内物流の面において非常に優れています。
交通面や物流面は、事業発展の基礎です。まさに唐山市は、企業進出に適した地域といえるでしょう。


海路

唐山市は、天津港・唐山港京唐港区・唐山港曹妃甸港区・秦皇島港の4つの国際港が利用できます。
以下にそれら港の特徴についてまとめました。

天津港

天津港は、中国において荷扱量が第3位の港です。 日本からも頻繁に船便があるため、日本企業にとっても非常に物流が便利です。また、唐山市現代装備製造工業区から高速道路が連結しており88km、約60分で到着可能と、交通の便も発展しています。唐山市と天津港との間に唐山ー天津高速道路・沿海高速道路と津薊高速道路という三つのルートがあり、何があっても物流が留まる事はないと言えます。

唐山港京唐港区

京唐港 画像

唐山港京唐港区は、唐山市現代装備製造工業区から高速道路にて60kmの場所に位置、唐山市税関の積極的な協力も得られているため非常に便利といえます。
唐山港全体の年間荷扱い量が2008年度では1億トン超え、中国第12位の港となっています。現在、大きな国際港になると期待が高まっております。


唐山港曹妃甸港区

曹妃甸港は、中国の第十一次五カ年計画の一環として建設中であり、30万トン級タンカーが二隻同時に接岸できる石油埠頭、25万トン鉱石運搬船二隻と40万トン鉱石運搬船二隻が同時に接岸できる鉱石埠頭、LNG埠頭、コンテナ埠頭、16隻の石炭運搬船が同時に接岸できる石炭埠頭が建設されます。2005年末から25万トン級の鉄鉱石埠頭は運用を開始しました。 第一期の5000万トンの荷扱い能力を有する石炭埠頭が2008年に開通し、第二期工事が進行中です。石油埠頭とバラ積船用ふ頭も開通されました。
この港がすべて完成すると、天津・大連・青島港は勿論、現在世界一の荷扱い量を誇る上海港を上回る規模の港になります。
唐山市現代装備製造工業区から80kmの位置にあり、高速道路で直結しています。

 

秦皇島港

秦皇島港は、中国最大の石炭埠頭としても知られた港です。唐山市に隣接しているため、高速道路で120kmの距離、約70〜80分で到着します。

 

在来線鉄道

鉄道 画像

唐山市には、京瀋線・京秦線・大秦線・通ラン線の4つの幹線鉄道が通っております。
これらの幹線鉄道は、北は瀋陽・長春・ハルピン、南は天津・済南・南京から上海への鉄路と、石家庄・鄭州・武漢・長沙・広州までの鉄路、西は西安・蘭州・ウルムチ、南西へは成都・重慶・昆明へと連結しています。
さらに唐山市からロシア経由で欧州へもつながる鉄路が3本もあります。
また、唐山市内と鉄鉱石採掘場や港などの特定地区とを結ぶ地方鉄道があり、総延長113kmにおよびます。開発区から貨物専用駅の唐山北駅まで1km、客車主要鉄道駅である唐山西駅まで5kmでと、非常に交通面において優れています。

 

新幹線鉄道

中国全体の新幹線建設計画に従い、北京・天津・唐山三都市を新幹線で30分交通都市圏を構築しようとしています。北京ー天津間の新幹線鉄道は2008年オリンピック開催前に開通しています。天津ー唐山間は2010年に開通する予定で、北京ー唐山間も設計完了して2009年10月より工事を開始し、2012年に開通する計画です。これを全部完成しますと、北京・天津・唐山間はそれぞれ30分で行けるようになります。 まさに人口4000万人の世界一の大首都圏が姿を現します。


高速道路

高速道路 画像

唐山市には市街区を囲む環状高速道路があります。
この高速道路から、北京空港あるいは北京市を経て南方・西方へ、天津港・天津市経由にて済南・南京から上海へ、瀋陽から東北地方へ、承徳から内モンゴルへと全中国の高速道路網と連結しています。
現代装備製造工業区が唐山環状高速インターチェンジと隣接して、非常に移動しやすい位置関係にあります。また唐山の沿海に沿った遼寧・河北・天津・青島を繋げる環渤海高速道路が2007年末に開通されています。唐山市市街と曹妃甸港を結ぶ高速道路も2008年に完成しています。
また、遼東半島や山東半島の先端部にある地域は、半島の600km程度の長さ分だけ中国内物流に不便を感じますが、唐山市は華北平原の中に位置しているため、中国の中原や北方・西方など多くの地域への連絡が有利です。


空路

日本の各空港から、北京空港へは毎日数多くの国際便が発着しております(東京からでは毎日9便)。
中国内の主要都市は、中国最大のハブ空港である北京空港から多くの便で連絡されており、唐山市から中国内の各都市へのアクセスも非常に便利です。
また、北京空港はオリンピックを迎えるために第3ターミナルまで大幅に拡張工事を行い、空港から北京第六環状道路と直結され、唐山へはさらに便利になり、所要時間も1時間半に短縮されました。
北京空港から唐山市現代装備製造工業区までは156kmのため、約90分で到着可能。唐山市から天津空港までは高速道路を使用して90km、60分で移動可能です。ただし天津空港は国際線と国内線の便数が少ないため、日によっては飛ばない便もあります。その日の便の有無を確認してからご利用する必要があります。
唐山市街区の近くに唐山空港も建設中であり、2009年年末には開港の予定です。唐山空港へのアクセス道路はすでに完成しました。当面は国内線だけですが、上海・杭州・アモイ・広州・昆明・西安・大連・青島・ハルピンなどの主要都市と空路で繋がる予定です。

唐山市の投資環境の他のページへ
唐山市現代装備製造工業区唐山市南堡経済開発区
唐山市高新技術開発区曹妃甸大工業区安定した電力供給豊富な優れた人材
整ったインフラ便利な交通・物流充実した進出企業支援優れた優遇政策
有利な投資コスト環境保護への配慮税務全般の概要
「中華人民共和国 唐山市人民政府日本事務所」電話番号:06-6344-3225 Fax番号:06-6344-3224

所長・小林 誠 副所長・江 興民

E-mail:tangshan-jo@e-tangshan.cn


ページのトップへ


Copyright(C) 2005 Tangshan Municipal People's Gorernment Japan Office. All Rights Reserved.
お問い合わせページへ サイトマップへ お問い合わせフォームのページへ